ある人がいました。

その人は仕事に精進し、認められようとしていました。
それに抗うことがおきました。
その人は敗北感に苛まれ、自信を失いました。
イライラして周りにあたりました。

ある日、その人は気付きます。
人間は拒絶されることを嫌います。


脳のなかで身体の痛みを感じるのと同じ場所が反応しているそうです。
認められることはその逆です。
生物学的には、集団で除けものにされず
生きていくために拒絶を嫌い、認められようとするのでしょうか。
人間は認められようとします。
そして自分が認められるよう、他者と競争します。

その人はこうも考えます。
自分はあの人たちより頭はよくないけども、
だからこそこんな馬鹿な道を歩んで
集団のなかで住む場所をみつけたのです。
自分の居場所はあるのです。
存在意義はあるのです。

その人は思いました。


続けていってみようと。
そして自分を高める努力だけはこれからもやっていこうと。
それが自分にできることだからだと。

その人のイライラは減りました。
そしてその人は今日もその人なりに前に進んでいます。
人間は認められたいのです。