Mindfulness 2020 Oct. 3 開催



激動する2020年、マインドフルネスは人類と地球を救うのか?


昨年開催された「Mindfulness Now」に続く第二弾イベント、「Mindfulness 2020」がオンラインで開催されます!


2019年9月に東京で開催された前回のイベントでは、各界を代表する登壇者それぞれの立場から「マインドフルネスの今」について語って頂きました。日本ではまだ実践が普及しておらず、マインドフルネスにおいては日本は後進国とも呼べる状況であることを確認し、それを広げるための取り組みなどについてディスカッションをしました。

あれから1年後の2020年、世界は大きく変わりつつあります。これまでもVUCAワールド(V:Volatility(変動性)U:Uncertainty(不確実性)C:Complexity(複雑性)A:Ambiguity(曖昧性))が近づいていると言われてきましたが、人類はこの瞬間、本当のVUCAに直面しています。


現在、新型コロナが猛威を振るっていますが、これは世界で進行している以下のような様々な関連する問題の一端に過ぎません。

  • 地球温暖化

  • 人種・所得格差の拡大

  • 経済成長の鈍化

  • 幸福度の減少

  • AIなどの技術革新

  • 価値観の崩壊

  • 生き方の不確実性

このような現在進行形の問題に直面している今、世界でマインドフルネス・瞑想が加速度的に注目を集めつつあります。

本イベントでは昨年とはゲストを入れ替えて、我々が直面している地球規模の問題に対してマインドフルネスが果たし得る役割に注目してみたいと思います。

登壇者による講演のほか、パネルディスカッションでは各分野を横断するテーマに関して自由に意見交換をして頂きます。



詳細・お申し込みは追ってご案内いたします